武士様のブログ

武士様のブログ

同じ嗜好品なのに、扱いが違うのはなぜ?

なぜ、コーヒーはOKで発泡酒はNGなのか?

以前より疑問を抱いていた
缶コーヒー 約100円
発泡酒 約100円
共に同じような価格帯

そして、コーヒーも発泡酒も
同じように嗜好品

なのに

コーヒーを買う感覚と
発泡酒を買う感覚では
雲泥の差があるように感じる。

缶コーヒーを箱買いしても
何も言われないが

発泡酒を箱買いすると
無駄遣い扱いされる。

こんな、経験ないでしょうか?

なぜ、同じ嗜好品なのに
これほどの差が発生するのか?

当然、アルコールの有無があるのだが
アルコール=有害
というのは、ちょっと乱暴な気がする。

コーヒーだって
有害な部分もあるし
当然、良いところも沢山ある。

コーヒーも発泡酒も
とどのつまり
飲み過ぎれば毒になるのです。
だから、嗜好品と呼ばれる。

海外では
水代わりにビールを飲む所もあると
聞いたことがあります。

日本も、もう少し
発泡酒やビールに
市民権を与えても良いと思うのですが
どうでしょうか?